« もう二十歳 | トップページ | とぐろの芯 »

2011年2月 2日 (水)

いくらでも眠れる

2011.1.31付 朝日俳壇より
いくらでも眠れる風邪であるらしく:(茅ケ崎市)川村敏夫

確かに。風邪をひいたり、何か体に不調を抱えた時というのは、自分でもあきれるほど眠れますね。やはり、体内での病因との闘いが、そうさせるのでしょう。
眠れる限り眠って下さい。
体内の「声」に耳を傾けながら、ぐっすりと。
眠れなくなってきたら、治ってきたということです。

« もう二十歳 | トップページ | とぐろの芯 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いくらでも眠れる:

« もう二十歳 | トップページ | とぐろの芯 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ