« はるのゆめ | トップページ | 厨に立ちて »

2011年2月 1日 (火)

受話器取る

2011.1.31付 朝日歌壇より
なんとなくそんな気がして受話器取る研究室に年を越す君:(加古川市)角田知美
 永田和宏評:若い頃の私にも覚えがあるが、研究室で越年、元旦から実験していたこともある。君を思い寂しくも、少し誇らかな気持ちか。

誰からかかってくる電話でも呼び出し音に差があるわけではないのだけれど、恋するものにとっては、あ、このベル、彼だわ、ということが分かるのですね。恋は超能力?

ただね、何となく、古風ですね、という気分もある。
私はよく知らないけれど、相手によって着メロを変えられるんでしょ、最近の携帯電話は。

古風な恋の成就を祈ります。

« はるのゆめ | トップページ | 厨に立ちて »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 受話器取る:

« はるのゆめ | トップページ | 厨に立ちて »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ