« とぐろの芯 | トップページ | 女郎蜘蛛 »

2011年2月 2日 (水)

古墳の如き頭

2011.1.31付 朝日俳壇より
お正月古墳の如き頭して:(野洲市)鈴木幸江
 金子兜太評:古墳の喩えに、妙に居直った鬱屈感がある。

私の場合は、ちょっと吹き出して笑ってしまった、というのが実感。
「古墳のような頭」って、一体どんな頭なんでしょうね。
昔、母は、大晦日のことを片付けてから、美容院へ行って「暴れ髪」をきちんとしたりしてましたっけ。でも、正月は正月でまた大忙し。また「髪振り乱して」になってしまったり。
鬱屈感というより、なんて頭だろうね、これ。せっかく年末にきれいにしたのにね、という(自虐的)苦笑いのような気もするんですが。
ひどい頭になっちゃって、と。

いかがでしょう。

« とぐろの芯 | トップページ | 女郎蜘蛛 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 古墳の如き頭:

« とぐろの芯 | トップページ | 女郎蜘蛛 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ