« 助けられ上手 | トップページ | 鯉こく »

2011年2月22日 (火)

わっさわっさと

2011.2.21付 朝日歌壇より
児を抱えヴァイオリン背にわが娘わっさわっさと改札通る:(石巻市)須藤徹郎
 佐佐木幸綱評:勢いのいい若い母親をユーモラスに描出。下句、うまい。

若さというものは「あふれでる」ものですね。
勢い、張り。
若い人はすごいや。
口先で子育てせず、パワーで子育てして下さい。
失敗にめげない、元気な子になります。

全然違う話なんですけどね。
泳いでいるでしょ。ターンの時など、自分の皮膚が水の抵抗で波打ってるんですよね。あれはわびしい。
小学生なんかがものすごい勢いで追い抜いていく。肌は張り詰めていて、波なんか打ちませんね。
若さとは、内側から溢れ出てきて、肉体的に皮膚を「張る」ものなんだ、って切実に思いますよ。

« 助けられ上手 | トップページ | 鯉こく »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: わっさわっさと:

« 助けられ上手 | トップページ | 鯉こく »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ