« 寒い雨 | トップページ | 蛙の卵:我が家・1 »

2011年2月28日 (月)

蛙の卵:六郷用水跡

0225_hikitamago 2011.2.25
話は前後して飛び回ります。
上の写真何だかお分かりですか?
ヒキガエルの卵塊です。
25日はやたらと暖かい日でした。東京では最高気温が20.8℃になった日です。
啓蟄じゃないですが、暖かくなると、「かかし」がもぞもぞ動きだします。
久しぶりにモンパルを出して、ご近所を一周。(その全体はまた後で。)

六郷用水跡の水路の浅瀬にヒキガエルの卵塊を見つけました。
大きな鯉もいるので食べられてしまわないか心配ですが、例年この場所はうじゃうじゃとオタマジャクシを見る場所。今年もそういうシーズンになったなぁ、と
帰宅後、妻にヒキガエルの卵塊見たぞ、と話をしたら、ぜひまた手元で孵化・成長をみたいわ、ということで出かけていって50個くらいでしょうか、卵を採ってきました。
0225_hikitamago2
これがそう。
ゼリー状の物質に包まれています。
0225_hikitamago3
とはいうものの、中まで詰まったゼリー状の棒のようなものの中に卵があるというのではなく、ゼリーの管の中に入っています。

これが2月25日のこと。
ここから、毎日「激変」が起こって、夫婦で大騒ぎしているのですが、それはまた、おいおい詳しくお話しします。
今日のところは、出発点のところだけ。

いやはや、生き物好きの似た者夫婦の大騒ぎ。どうなるのかなぁ。
現在進行形で、先は見えません。

« 寒い雨 | トップページ | 蛙の卵:我が家・1 »

動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 蛙の卵:六郷用水跡:

« 寒い雨 | トップページ | 蛙の卵:我が家・1 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ