« 夫の亡きこと | トップページ | 家の中にも道 »

2011年2月22日 (火)

トローチの穴

2011.2.21付 朝日歌壇より
トローチの穴舌先になぞりつつ行けば午後の陽薄く差す街:(水戸市)檜山佳与子

すっごくよく分かります。舌の先っちょでトローチの穴をなぞってる、なるほど。
舌先って敏感だからなぁ。味覚だけじゃないですものね、触角も大事。

先日、お喋りしながら食事をしていて、舌先を噛んでしまって、痛いのなんの。
で、その後3、4日、舌先の触角がなくなってしまって、変な感じで、食べ物の食感がおかしくなってしまいました。情けなかったぁ。

頬の内側を噛んでしまうことも増えて、これ年齢のせいですかね。
喋らず食べる。舌をかまないように。
一口を小さくする。よく唾液が出るように。
すすりこまない。むせかえらないように。誤嚥性の肺炎とか、窒息とかが分かるようになってきた。喉での肺と胃への仕分けが若い頃より下手になった、我が身体。
ぼろぼろになったなぁ。

トローチの穴って、間違って吸い込んでも窒息しないようにという工夫ですよね。
舌先でなぞっているうちはいいですが、うっかり吸い込まないようにご注意なさいませ。
飲みこんでも大丈夫ですが、吸い込まないように。
子どもはかえって、あの穴から息を出し入れして笛みたいにして遊ぶこともありますからご注意を。

« 夫の亡きこと | トップページ | 家の中にも道 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トローチの穴:

« 夫の亡きこと | トップページ | 家の中にも道 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ