« クロッカス | トップページ | 井戸端会議 »

2011年2月17日 (木)

スイセン

0204_6suisen 2011.2.4
この季節、数少ない花。線路の柵の下で咲き続けています。
真上からのショットです。
左下のコンクリートは線路の柵。右上のコンクリートは線路側溝のふた、です。
狭い地面に展開する生態系。これが私のフィールドなんですよ。
歩きまわるのは苦手ですから、こんな狭いフィールドで定時・定点観測をしているわけです。
何か工夫をして、ローアングルの撮影もしたいのですが・・・。
しゃがんだり、膝をついたりということはできるのですが、立ち上がれないんですよね~。
カメラを道路に置いて、両手を使って腰に負担のこないようにそっと立ち上がるしかない。
カメラを地べたに置くのはあんまり気持ちよくないしなぁ。
立ち上がるための補助的な何かがあるといいんですが。いい工夫はないかなぁ。
考えています。

« クロッカス | トップページ | 井戸端会議 »

植物」カテゴリの記事

コメント

今の時期に花が観察できるっていいですね~

かがまないで、低い位置の撮影をすることができないでしょうか?

植物なら、たとえば、こんなのを利用して

http://item.rakuten.co.jp/inaphot/pod-xshot-01/


これが無理なもっと重いカメラなら、リモコンスイッチありますよね?
一脚を利用して、カメラにはアングルファインダーを付けて、差し伸べるとか・・・

散歩途中で気軽に撮影するには向いてないかな~

いやあ面白いものがあるものですね!
一脚(モノポッド)は使っています。カメラが安定していいですよね。
いろいろ工夫の余地がいっぱいあるんですね。トライしてみます。ありがとうございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スイセン:

« クロッカス | トップページ | 井戸端会議 »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ