« 土曜の至福 | トップページ | 静電気 »

2011年2月15日 (火)

子を送る

2011.2.13付 朝日歌壇より
子を送る親の背丸く並び居て一月三日地方都市の駅:(福山市)三保礼子

初めの一読では、「子」がつかみきれませんで、何回か読んで、納得しました。
親元を離れて生活する「子」、一家を構えて親子連れで帰省した「子」なんですね。
正月三が日も終わって、それぞれ自分の生活に戻って行く。

またおいで
また来るからね
おばあちゃん、またね~
かあさん、風邪引くなよ

親の背は丸い。
子の胸は張っている。
孫の背丈は次には猛烈に伸びる。

年を取ると、こっちはいつもおんなじなのに。
あっちはどんどん成長していくのねぇ。

« 土曜の至福 | トップページ | 静電気 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 子を送る:

« 土曜の至福 | トップページ | 静電気 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ