« 受話器取る | トップページ | 鸇 »

2011年2月 1日 (火)

厨に立ちて

2011.1.31付 朝日歌壇より
香港とスロバキアから来し嫁と厨に立ちて雑煮を作る:(アメリカ)大竹幾久子
 馬場あき子評:国際結婚も珍しくない時代だが、第一首は香港とスロバキアから来た嫁というのが楽しい。姑のてんやわんやぶりが想像されるのも面白い。

話はアメリカで、ですよね。アメリカの住宅のキッチンが「厨」でしょ。
息子さんたちのお連れ合いたちも国際的なら、おかあさまの住居も国際的。
いろんな言葉が飛び交い、でもコミュニケーションは成立する。英語を主にして女性たちのおしゃべりが展開しているのでしょう。
狭い民族的な壁なんか軽々と超えて、人間って、いいな、としみじみ思わせます。

« 受話器取る | トップページ | 鸇 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 厨に立ちて:

« 受話器取る | トップページ | 鸇 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ