« 寒夜の句 | トップページ | マスコット »

2011年2月15日 (火)

湖底

2011.2.13付 朝日俳壇より
一月の湖底に今も故郷かな:(城陽市)山仲勉
 大串章評:ダム湖の底に沈んでしまった故郷。正月が来ると家族そろって初日を拝んだ往時を思い出す。

そこまで読み込みますか?読み込み過ぎじゃないかなぁ。
家族そろって初日を拝んだかどうかは、わからないですよ。
みんなで正月を迎えた。正月の家族団欒があった。集落の正月行事もあった。
とは思いますけれど。

ひょっとして湖面に薄い氷が張っているかもしれない。その湖底には、昔の思い出が沈んでいある。昔の正月が底に沈んでいる。
それだけでいいのじゃないかなぁ。

« 寒夜の句 | トップページ | マスコット »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 湖底:

« 寒夜の句 | トップページ | マスコット »

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ