« 古墳の如き頭 | トップページ | ねこじやらし »

2011年2月 2日 (水)

女郎蜘蛛

2011.1.31付 朝日俳壇より
空つ風荒ぶ日生くる女郎蜘蛛:(磐田市)深田茂夫

「生くる」というのが適当かどうかは分かりません。
死なずにいる、という方が適切かもしれない、とも思うのです。
餌の昆虫もいないのですが、代謝速度が極端に低下しているおかげで、何も食べなくても死なずにいる。
網に脚をかけていることにはエネルギーは要らない。
ですから、死なずにいますよ、ということなのではないかな。
おそらく、風とか雨で一度網から落ちたら、そのまま動けずに死ぬことでしょう。

でも、冬に耐えている虫たちを見ると励まされますね。

死んではいません。生きています。

と語りかけてくるのかもしれませんね。

« 古墳の如き頭 | トップページ | ねこじやらし »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 女郎蜘蛛:

« 古墳の如き頭 | トップページ | ねこじやらし »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ