« 遊ぼう | トップページ | 寒夜の句 »

2011年2月15日 (火)

悴む手

2011.2.13付 朝日俳壇より
わが身より外したくなる悴む手:(川越市)大野宥之介
 長谷川櫂評:ちょっと怖い句だが、実感あり。すでに外れてしまっているような感じもする。

痛いんです、っ、冷たくって悴んでしまった手は。
どうしようもなく、染み込むように痛いんです。
切り傷なんかとは違う痛さなんです。
そこを読まなくっちゃ。
手が荒れることは分かっているけれど、お湯に手を突っ込みたいんです。
解放されたいのです。このじんじんする痛さから。それが「身より外す」なのです。
選者はあんまり冬の洗い物とかしたことがないんでしょ。やってみなさいって。痛いから。

« 遊ぼう | トップページ | 寒夜の句 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 悴む手:

« 遊ぼう | トップページ | 寒夜の句 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ