« | トップページ | 悴む手 »

2011年2月15日 (火)

遊ぼう

2011.2.13付 朝日俳壇より
楪や遊ぼうと来しとなりの子:(志木市)坂本登
 長谷川櫂評:「アソボー」という少年の声がなつかしい。今も残っているか。楪(ゆずりは)は正月の鏡餅にそえる木の葉。

隣の子が遊びに来てくれた、ということで単純に嬉しいな、ととらえたいですね。
作者の年齢、家族構成により句の意は変わります。
同年代の子のいる親なら、うちの子のところに、「●●ちゃん、あそびましょ~」と来たことよ、だろうし。このごろは、あまり聞かないですよね。「あそびましょ~」は。
もし、祖父的な年齢なら、おじいちゃん、この間のかるた取り面白かったからまた遊んで、なのかもしれないし。

わかりません。

« | トップページ | 悴む手 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 遊ぼう:

« | トップページ | 悴む手 »

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ