« 雪は降る(アダモ風に)後半 | トップページ | 親になりゆく »

2011年2月15日 (火)

杉の香

2011.2.13付 朝日歌壇より
杉の香のぷんぷん匂ふ俎板で野菜を刻む当面の幸:(前橋市)荻原葉月

「当面の幸」の含意が読み解けません。
とにかく、桧や杉の香の高いおろしたてのまな板を使うしあわせ、という感覚は理解できると思います。
やっぱりなぁ、「当面」という言葉遣いになんとなくひっかかるなぁ。
「ただ 今の 幸」とか「夕方の幸」とかだと滑らかなんだけれど、なんだかざらつきを覚えるのは考えすぎでしょうか。
作るところから食べるところまで、全面的にしあわせだわ、とは感じられずにいます。

« 雪は降る(アダモ風に)後半 | トップページ | 親になりゆく »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 杉の香:

« 雪は降る(アダモ風に)後半 | トップページ | 親になりゆく »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ