« 日なたの匂い | トップページ | 雪浄土 »

2011年2月 1日 (火)

挨拶の前に

2011.1.31付 朝日歌壇より
挨拶の前にかならず息を吸うそのとき僕は「先生」になる:(河内長野市)小坂泰介

今はあまり昔のように、起立、礼、とかやらないのかもしれませんね。
なんだか軍隊的で、強制的で不快だ、とかいわれたのですね。
でも、なにか挨拶の言葉は授業の始めと終わりにやっているようです。
休み時間と授業時間をきちんと心理的に分けて、集中力を授業に向かせる、という心の作業は必要なんですよ。
そして、先生の側も、決して生徒に君臨するとかいうのではなく、気を引き締めて、生徒の顔を眺め渡して心理状態を把握し、さあ、授業だ、という心の準備態勢を整える必要はあるのです。
それは、若くても年齢を重ねても同じ。
挨拶の瞬間から、授業が「生き」始めるのです。
授業は生きもの、殺さないでおくれ、というのが私の言い続けたことでした。
生きものは二度と同じ繰り返しにはならない。一生教師を続けたって、同じ授業なんてできはしない。

さあ、今、ライブが始まる。
それが挨拶なんです。

そういうことって、小さいことのようでいて、大事なこと。
大切にしたいですね。

« 日なたの匂い | トップページ | 雪浄土 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 挨拶の前に:

« 日なたの匂い | トップページ | 雪浄土 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ