« 牛若丸 | トップページ | ジンチョウゲ »

2011年2月15日 (火)

現役の頃の

2011.2.13付 朝日俳壇より
現役の頃の外套今も着る:(京都市)北浜義規
 稲畑汀子評:退職後も現役の頃の外套を着る作者の郷愁が想像される。

私はどうも、郷愁という感覚に疎いたちで。
もちろん思い出はいっぱいありますけどね。
オーバーを出してきて、現役の頃に着たやつだなぁ、と郷愁を抱くというのは、あまりわたし的には想像できないですね。
むしろ時間経過を読みとりたいのですが。
退職後、初の冬。
去年まではこのオーバーを着て通勤していたのか。もう一年になるのか。

あるいは、10年前でもいいですけれど。
特におしゃれする必要も感じないし、あの頃のオーバーにお世話になるなぁ。
時間はこうして経っていくのだなぁ。
と感慨深い。で、いかがですか。

« 牛若丸 | トップページ | ジンチョウゲ »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 現役の頃の:

« 牛若丸 | トップページ | ジンチョウゲ »

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ