« 弓手のその先 | トップページ | 覚えのない打身 »

2011年2月22日 (火)

2011.2.21付 朝日歌壇より
独り食む食事は餌と言いあいてシングル三人(みたり)鍋囲みおり:(秩父市)畠山時子
仕事がない物が売れない医者足りないされども光あふれきて春:(秩父市)畠山時子
 馬場あき子評:不足ずくめの人の世に来る春光の感覚がやさしい。

そりゃ、独りの食事は味気ないでしょうけれど、女性三人で鍋をつついたら、なんだか男としては想像するだけで、弾き出されますね。最近の言葉では「ガールズ・トーク」っていうんですか?あの女性たちの会話。
男にはまねできません。
爺さんが三人で鍋つついてもなぁ、様になんねぇなぁ。
女性のパワーに男は到底かないません。

« 弓手のその先 | トップページ | 覚えのない打身 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

« 弓手のその先 | トップページ | 覚えのない打身 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ