« ハイビジョンから | トップページ | 命待つ »

2011年2月 8日 (火)

革手套

2011.2.7付 朝日歌壇より
革手套脱げば流暢手話の女(ひと)真紅の爪の指しなやかに:(高石市)木本康雄

「手套」は「しゅとう」ですね。
使ったことのない言葉なので、広辞苑を引いてみました。

しゅ‐とう【手套】 タウ
てぶくろ。
○手套を脱す
うわべをつくろうことをやめて、真の手腕を現す。
                   [広辞苑第五版]

最初の印象は、革のゴワゴワ感としなやかに語る指の対照が美しいな、と思ったのです。
広辞苑を引いてみて、少し印象が変わりました。
誰でも同じになってしまう革手袋を脱げば、「真の手腕が現れて」しなやかに、指が言葉を語り始める。べつにうわべをつくろったということではなく、隠れていた能弁な手話の能力が現れた、というふうに読めるのですね。

言葉が増えました。うれしい。

« ハイビジョンから | トップページ | 命待つ »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 革手套:

« ハイビジョンから | トップページ | 命待つ »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ