« 寒紅 | トップページ | センダングサ »

2011年2月23日 (水)

生命線

2011.2.21付 朝日俳壇より
生命線つたひこぼるる春の雪:(東京都)西出真一郎
 大串章評:てのひらの上を雪片が流れる。「生命線」と「春の雪」の取り合わせが明るさを感じさせる。

てのひらに受けた雪が崩れとけて、生命線にそって流れた、くすぐったいような感触。そこに冬の雪とは違う「春」を感じられたのでしょう。

それでいいのですが。
あえてとんでもない読みをしてみたくなった。
「生命線」を「ライフライン」と読んだらどうなりますか?
電気・水道・ガスなど、よく災害時に「ライフラインの復旧」ていうでしょ。
ですから、もし生命線が「ライフライン」だったらどういうイメージになるのだろうか、と。
いえ、誤読です。笑って見過ごして下さい。

« 寒紅 | トップページ | センダングサ »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 生命線:

« 寒紅 | トップページ | センダングサ »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ