« 産みたての卵 | トップページ | 餌 »

2011年2月22日 (火)

弓手のその先

2011.2.21付 朝日歌壇より
鍛錬を積み来し射手の静脈が浮き出る弓手のその先の的:(横浜市)松村千津子

静脈が浮き出るということは、おそらく射手は男性ですね。
力強く引絞る弓。矢を放つまでの緊張感を捉えたワンショットの言葉。
視覚的な絵になっています。

私はどちらかというと、少女の射る弓が好き。
的をきりっと見据える、あのひたむきな視線が大好き。
その瞬間世界には視線しかない、というような張り詰めた眼差しが好き。

私自身は和弓は引いたことがない。
洋弓を少しやった程度。腕力だけはあったものですから。
右手の指先が弦を放す、あの矢離れの瞬間がよかったな。
左ひじが少し逆反りになってしまうのが、弓向きではありませんでした。

« 産みたての卵 | トップページ | 餌 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 弓手のその先:

« 産みたての卵 | トップページ | 餌 »

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ