« 覚えのない打身 | トップページ | トローチの穴 »

2011年2月22日 (火)

夫の亡きこと

2011.2.21付 朝日歌壇より
友からのファックス届く寒の夜に夫の亡きこと何と知らすか:(富士見市)内田幸子

その時に、取り乱したままに、知らせてしまえれば、相手もかえっていたわってくれながら、お悔やみの内に了解してもらえたのでしょうが。
今、改めて知らせるとなると、言葉の選び方が難しい。相手が戸惑い、知らなかったこととはいえ、と慌てさせるのもつらいし。私は今はもう平気よ、と虚勢を張っているかのように振る舞うのも逆に辛いし。

ものごとには「時」というものがあるのですね。

« 覚えのない打身 | トップページ | トローチの穴 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夫の亡きこと:

« 覚えのない打身 | トップページ | トローチの穴 »

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ