« 保護色 | トップページ | ヒメナガカメムシ »

2011年1月11日 (火)

シロザ+

1221_2siroza 2010.12.21
シロザは今も花を咲かせています。
ただ、暖かい時期とは少しスタイルを変えています。
のびのびと枝を伸ばしてゆったり花を咲かせていく、という感じではなく、とにかくとりあえず花を咲かせてしまおう、という雰囲気です。
こちゃっと小さくまとまって咲いて、まとまって稔ります。
なんとなく植物の「あせり」「いそぎ」を感じさせます。
そんな実を見ていたら、黒っぽく見えて、種子がむき出しになっているのかな?と撮影。
パソコン画面で見て初めて気づきました。
アブラムシです。
稔りのために植物側も一生懸命栄養を送り込んでいるわけで、そこへ頭を突っ込んでいたわけですね。口を突きさして、きっとおいしいおいしいと飲んでいるのでしょう。

植物側も冬の営み。アブラムシ側も冬のさなかの懸命な営み。
命の活動が交錯していますね。

« 保護色 | トップページ | ヒメナガカメムシ »

植物」カテゴリの記事

動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シロザ+:

« 保護色 | トップページ | ヒメナガカメムシ »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ