« バアバ イナイ | トップページ | 前向きな若者 »

2011年1月25日 (火)

水道の水

2011.1.24付 朝日歌壇より
家中の水道の水を念入りに抜きて年末任地を離れる:(稚内市)藤林正則
 永田和宏評:留守中凍結をしないようすべての水を抜いてから去る。北の厳しい風土での職務。

おそらく作者は学校の校長先生。
さすがに年末年始は赴任校を離れる。
ぎりぎりまで居て、学校を見まわったりして、正月も早く戻ってきて、学校を点検して。
おそらくそういう生活でしょう。
学校の水道も抜くのかな。
そんな気もしました。

昔話:東京でもずいぶん雪が降りました。
都立高校の入試の日には雪が降る、というジンクスもあったくらい。
ある冬、校舎の北側の土地に設置されていた受水槽の水が凍ってしまった。
水道をひねっても水は出ない。
化学の実験はできないな、と考えていたらもっと大事なことがあった。
トイレで用が足せない。
生徒は登校してくる、受水槽の脇で焚火をするけれど簡単には溶けない。
その日は確か、出欠だけ確認して下校させたのではなかったかな。
世田谷の北東のはずれの高校でそういうこともありましたっけ。

« バアバ イナイ | トップページ | 前向きな若者 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 水道の水:

« バアバ イナイ | トップページ | 前向きな若者 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ