« バイリンガル | トップページ | 賀状 »

2011年1月 5日 (水)

マルチ

2010.12.27付 朝日歌壇より
雲映る黒きマルチにためらわずミヤマアカネは卵産みつづく:(高崎市)宮原義夫
 佐佐木幸綱評:「マルチ」は農業用マルチフィルムのこと。黒いフィルムをバックにした赤トンボの営みが印象的。

マルチというのは「multi」ではありません。「mulch」です。
multiですと「多くの」「複数の」という意味ですが、mulchは「敷藁を敷く」とか「根覆いを施す」という意味です。
よく畑で見かける、地面に敷いた黒い塩化ビニール・シートがそうです。

さて、選者は空の映る黒いフィルムを背景にアカトンボが産卵している、と解釈されましたが、ちょっと別の解釈を感じとっていまして、疑問を持っています。

12月末に掲載された歌ですから、詠んだ時は約1カ月くらい前までと思います。すると、11月ですね。これはアカトンボの産卵としてはずいぶん遅い気がするんですが、私の思い込みだろうか。
トンボは上空からきらめきを見て水面を発見し、産卵に降りてきます。
産卵の時期を失して腹に卵を抱えたメスが、マルチ・シートのきらめきに幻惑されて、水面と間違えて、シートに産卵行動を行っている、と読んだら、読み込み過ぎかなぁ。
そうであるならば、これは哀切ですね。きらめきを見て産卵せずにはいられないアカトンボの「さが」が切ない。

読み込み過ぎましたかね。

« バイリンガル | トップページ | 賀状 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マルチ:

« バイリンガル | トップページ | 賀状 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ