« 薄日 | トップページ | ランタナ »

2011年1月14日 (金)

Gal

 1月11日の新聞に下のような記事がありました。

岩手・宮城内陸地震の最大加速度、ギネス認定
 防災科学技術研究所は11日、2008年6月に起きた岩手・宮城内陸地震で観測された最大加速度4022ガルが、地表で観測された地震の世界記録としてギネスに初めて認定されたと発表した。
 岩手県一関市に設置されていた、地震断層の真上の震度計が記録した。防災科研によると、計測装置が記録したそれまでの最大加速度は、2004年10月に発生し、最大震度7を記録した新潟県中越地震での2516ガルとみられており、その1・5倍以上になる。
(2011年1月11日 読売新聞)

 朝日新聞でもほぼ同内容の記事でしたが、「地表で観測された地震」という部分がなくて、読売の方の記事を採らせてもらいました。

 ここに「ガル」という単位が登場していますが、これどんな大きさなのかイメージできるでしょうか?
この単位名は「ガリレオ・ガリレイ」からとったもので、大きさはcgs単位系の加速度と同じです。
こう書いて、cgs単位系がストンと分かった方は年齢の想像がつきますね。私は分かるんです。高校物理はcgs単位系でしたもの。
1cm/s^2
{注:「s^2」の「^2」は「自乗」を表しています。右肩にのせることが出来ないのでこういう表記にします。プログラミング関係ではよく使う表記です。}

現在、自然科学では、国際単位系(SI)を使っていますが、ガルはSI単位ではありません。

理科年表2011より
ガル(gal,Gal)1Gal=1cm/s^2
 測地学および地球物理学において重力加速度を表すために使う単位。
 国際単位系(SI)以外の単位で、暫定的に用いられる単位。
 標準の重力加速度g=9.80665m/s^2

ですから、重力加速度は約981Galということになりますね。

ウィキペディアから引用します。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AC%E3%83%AB

ガル(gal, 記号:Gal)は、CGS単位系における加速度の単位である。その名前は、ガリレオ・ガリレイに因むもので、単位名をガリレオ(galileo)としている地域もある。
1ガルは、1秒(s)に1センチメートル毎秒(cm/s)の加速度の大きさと定義されている。すなわちガルは「センチメートル毎秒毎秒」(cm/s²)と書き表すことができる。国際単位系(SI)における加速度の単位はメートル毎秒毎秒(m/s²)であり、1 Gal = 0.01 m/s² となる。
ガルは非SI単位であるが、日本の計量法では重力加速度および地震に係る振動加速度の計量に限定してガル(Gal)および1000分の1のミリガル(mGal)の使用を認めている。
地球表面における重力加速度はおよそ981ガルである。

ね。
さて、これではまだ感覚的になりませんね。そこでよく聞く「G」を考えましょう。
またウィキペディアからの引用
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%8D%E5%8A%9B%E5%8A%A0%E9%80%9F%E5%BA%A6

また、重力加速度は加速度の単位としても用いられる。この場合は大文字で G と書かれ、「ジー(gee)」と読む。重力加速度と同じ加速度を 1.0G のように表現する。G(ジー)は非SI単位であり、日本の計量法では商取引などでの使用が認められていない。
    1.0 G = 9.80665m/s2

●Gというのは重力加速度の何倍かという数値です。
そうすると、地震で記録された加速度は

4022ガル=40.22m/s^2
40.22m/s^2/9.8m/s^2=4.1

ですので
4.1Gということになります。

●では、4.1Gってどんなもの?

今度はJAXAから引用
http://iss.jaxa.jp/iss_faq/go_space/step_1.html#q4

スペースシャトルは最大3G程度まで加速されるが、宇宙飛行士は上向きに着席した状態で打ち上げられるので、健康な人なら十分に耐えられる範囲だ。これなら私たちも宇宙に行けそうだ。

スペースシャトルが上昇していく時、乗員は座席に強く押し付けられますが、それが重力の3倍程度。
地震で観測された加速度が4G。
すごいですね。これで多少はイメージできたのではないでしょうか。

こんな加速度で地面が水平に動いたとしますとね、例えば墓石が「だるま落とし」のようになって、石は残り地面が動いてしまって倒れる、というようなことになるわけですね。

大地震でいろいろなものが倒れますが、地震で押し倒されるというより、地震で地面がものすごい加速で動いてしまうので、だるま落としが起こっているのだ、と理解して下さい。

少しは理解の足しになったでしょうか。

« 薄日 | トップページ | ランタナ »

理科話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Gal:

« 薄日 | トップページ | ランタナ »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ