« ゴリラ | トップページ | クリスマス »

2011年1月12日 (水)

2011.1.10付 朝日俳壇より
歩く歩く妻の買物冬の蠅:(東京都)岡村一道
 金子兜太評:「冬の蠅」は妻への皮肉とも、付いて歩いているわが身への自嘲とも。双方か。

長谷川櫂氏の選でこんな句も
2011.1.10付 朝日俳壇より
年の瀬や大売り出しの妻につく:(川崎市)山根繁義

昨年末の俳壇にはこんな歌も
2010.12.27付 朝日歌壇より
「大晦日妻の歩巾(ほはば)で買物す」亡夫の手帳にみつけた俳句:(秦野市)相原伸子
 永田和宏評:夫の手帳に見つけた句に今更ながら思いやりを感じている。

夫たるもの、妻の後ろからついていくのが務めでありますよ。
かくいう私も、妻の後ろをカートを押しながらついて回っております。
{カートって歩行補助車みたいで良い具合ですねぇ。}

それが夫婦の幸せってもんでしょう。

« ゴリラ | トップページ | クリスマス »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

« ゴリラ | トップページ | クリスマス »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ