« 年惜しむ | トップページ | 恩あり »

2011年1月12日 (水)

初雪に

2011.1.10付 朝日俳壇より
月面のごと初雪に歩を印す:(西海市)前田一章
 大串章評:「月面のごと」という比喩が、初めて月に下り立った宇宙飛行士の第一歩を思わせる。

比喩というよりは、まさに月面着陸を思い浮かべながら、なのではないですか?
真っ白でまだ誰も踏んでいない雪に足を置く瞬間についてはいろいろな句や歌があります。

月面に人類初の一歩を刻んだあの瞬間。かくもありや。

比喩ではなく想像力の飛翔、と私は読みたい。

« 年惜しむ | トップページ | 恩あり »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初雪に:

« 年惜しむ | トップページ | 恩あり »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ