« 空耳 | トップページ | 捜し物 »

2011年1月26日 (水)

開戦日

2011.1.24付 朝日俳壇より
開戦日即ち人を殺せよと:(倉敷市)森川忠信

そう、戦争とは国家の暴力の発動であり、その暴力は国の名のもとに正当化される。
戦争においては、殺人は戦功として讃えられる。

もう一つ、国家が正統性を与える暴力が殺人を実行することがあります。
死刑。ですね。
死刑は国家権力、国家暴力の発動です。
戦争と死刑以外の殺人は犯罪とされます。

その国家権力を発動させる判断を、一市民である「裁判員」が下すということには、私は納得がいきません。私は裁判員を拒否します。

« 空耳 | トップページ | 捜し物 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 開戦日:

« 空耳 | トップページ | 捜し物 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ