« カエデ | トップページ | ドウダンツツジ »

2011年1月17日 (月)

ヒラタアブ

1231_3hirataabu 2010.12.31
イノコヅチについたヒラタアブの蛹。
ホソヒラタアブかクロヒラタアブかは、私には識別できません。
蛹で年を越します。

東京ですから、気温が下がってもせいぜいマイナス1℃程度でしょう。
それなら蛹の体内は凍らない。凍結しないように体液を濃くして、氷点を下げていますからね。
おそらく、蛹で越冬する昆虫にとって危険なのは、体が濡れた後で低温にさらされることでしょう。体外でできた氷が蛹の殻を傷つけるかもしれない、氷の「種」に接触すると、凍らずにいた体液が結晶化し始めるかもしれない。

東京ではそういうことはないと思います。
無事、羽化に至れますように。

« カエデ | トップページ | ドウダンツツジ »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヒラタアブ:

« カエデ | トップページ | ドウダンツツジ »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ