« ガ行 | トップページ | 首螽蟖 »

2011年1月11日 (火)

湯湯婆

2011.1.10付 朝日歌壇より
よこ抱きの人肌ほどの湯湯婆は赤子の腹のような音する:(ドイツ)西田リーバウ望東子
 馬場あき子評:比喩が生きた。

選者は「比喩」ととらえたようですが、私は比喩ではない、事実の表現と思っています。
子が満腹した時に、おおきなぽんぽんりっぱだねぇ、とかいってお腹をつっついて遊んだりしましたっけ。
そうするとね、はしゃぐわけですが、お腹から、ちゃぷちゃぷ、たっぷんたっぷん、という音が実際に聞こえるんですね。
立ってぴょんぴょん跳ねることが出来るようになると、すごい。いい音がします。
本人も自分のおなかから音がするので面白がって跳びはねます。

ゆたんぽの中のお湯が人肌に冷めて、中でたぷたぷ音がする、これは子や孫が幼い時の実景と重なりますよね。

私はそう読みました。

« ガ行 | トップページ | 首螽蟖 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 湯湯婆:

« ガ行 | トップページ | 首螽蟖 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ