« 人間は機械ではない | トップページ | 休職後 »

2010年12月14日 (火)

化石

2010.12.12付 朝日歌壇より
遠い日のわたしが埋めたビー玉を化石にするためコンビニが建つ:(姫路市)波来谷史代

またまた、歌の内容とは直接関係ないことを。
歌を読んで、私の頭をよぎったのはある本の題名でした。

 『わたしのハムスターを化石で残すには? アマチュア・サイエンティストに贈る驚くべき実験の数々』  ミック・オヘア編 ランダムハウス講談社 (2008/9/19)
原書:How to Fossilise Your Hamster (2007/10) Mick O'Hare

結局買わなかったんですけれどね。面白い題名だなぁ、と、忘れられない。
「自分が化石となって残るには」どうしたらよいのだろう?とかね。

ビー玉の化石が出たら、未来人はどう考えるんでしょうね?
これは何に使うものか?
ヒトという絶滅種にとって、どのような意味のある物体なのか?

ラムネ、とか、ビー玉遊びとか、思いつかないだろうなぁ。

« 人間は機械ではない | トップページ | 休職後 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 化石:

« 人間は機械ではない | トップページ | 休職後 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ