« コブシ | トップページ | 虚数 »

2010年12月 6日 (月)

最後の一葉

1203_2ityou 12月3日
朝、豪雨でした。激しい風も吹きました。
鉢植えのイチョウです。
「最後の一葉」だなぁ、と思いながら写真を撮りました。

12月6日付の朝日新聞・天声人語にこんな話が載りました。

100年後のO・ヘンリー
 世界に数あるクリスマスツリーのうち、一番有名なのはニューヨークのロックフェラーセンターのそれだろうか。今年は高さ22メートルの木が設(しつら)えられ、恒例の点灯式を日本の新聞、テレビもこぞって報じていた。
 ニュースを眺めながら、今年はニューヨークの庶民の哀歓を描いた作家O・ヘンリーが没して100年だったのを思い出した。残した短編は約280。何と言っても、木枯らしの吹く晩秋から年の瀬の物語がひときわ名高い。
 最も知られているだろう「最後の一葉」。クリスマスイブの「賢者の贈りもの」。路上生活者に冬が迫る「警官と賛美歌」など、繁栄からこぼれ落ちる人へのまなざしは、優しくほろ苦い。冬の夜のともしびのような珠玉の名品たちである。
(後略)

そうだったんだO・ヘンリー没後100年だったんですね、知りませんでした。好きな作家でした。

1204_4ityou 12月4日
実は、4日にはこうなっていました。
最後の一葉は散ってしまっていたのです。
絵ではないものですから、ちゃんと散りました。

大丈夫、心配しないでください、私は元気で、ここにいます。

« コブシ | トップページ | 虚数 »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最後の一葉:

« コブシ | トップページ | 虚数 »

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ