« 焚火 | トップページ | 大熊手 »

2010年12月22日 (水)

夏の疲れ

2010.12.20付 朝日俳壇より
山眠る夏の疲れをとるために:(札幌市)岩瀬公宏
 大串章評:静かに眠る山。「夏の疲れをとるために」が今年の猛暑を思わせる。

「思わせる」ですか?

「山も猛暑に疲れるか。あの猛暑がよみがえる。きつかった。」
くらいでいかがですか。

« 焚火 | トップページ | 大熊手 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏の疲れ:

« 焚火 | トップページ | 大熊手 »

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ