« 結婚二年目 | トップページ | 山茶花 »

2010年12月 7日 (火)

落葉籠

2010.12.6付 朝日俳壇より
持ち上げて力余りし落葉籠:(八尾市)梶本佳世子
 稲畑汀子評:掃き寄せた落葉を次々と籠に詰め込んでゆく。押さえて入れた籠を持ち上げて思ったより軽いので驚く。力余りしとは妙。

要するに、いっぱいに詰め込んだ籠が落ち葉であるために、意外と軽くて力余っておっとっと、だったのでしょう。
「力余りしとは妙」とはちょっと大仰な言い方に感じられます。
あらま、ちょっと力み過ぎたわね、という軽い笑いに味わいがある、と感じました。

« 結婚二年目 | トップページ | 山茶花 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 落葉籠:

« 結婚二年目 | トップページ | 山茶花 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ