« ゴビの蟻 | トップページ | V字隊列 »

2010年12月 7日 (火)

柿の実

2010.12.6付 朝日歌壇より
柿の実がなくなり鳥が来なくなり柿の木ひとりたそがれており:(城陽市)山仲勉

こわごわと柿の実啄む目白の目上目使いに横目使いに:(城陽市)山仲勉
 高野公彦評:たえず周囲をうかがう臆病な様子がかわいい。

鳥には「渋い」という感覚はないんですかねぇ。柿は基本的にすべて渋柿。たまたま遺伝的な変異で甘い柿が出来た時に、接ぎ木のような形で増やしたのですよね。

でもなぁ、柿としては鳥に食べてもらって糞と一緒に種まきをしてほしい。でも、渋柿なんだなぁ。いいのでしょうか。
鳥と哺乳類の味覚の違い、というのもあるのかなぁ。
哺乳類は種までかじりつぶしてしまう、というようなことがありますかね。

繁殖の時を過ぎれば、次の時までひっそりと準備に入る。柿も動物も。
冬はそういう時期なのですね。

ところで、鳥の目というものは、視界が非常に広い。前方から斜め後方まで、頭を動かさなくても一挙に見えています。
そのせいでしょう、カメラを向けると確実に気づきますね。
鳥の写真は難しい。

« ゴビの蟻 | トップページ | V字隊列 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 柿の実:

« ゴビの蟻 | トップページ | V字隊列 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ