« ボイラー爆発 | トップページ | キバハリアリ »

2010年12月24日 (金)

青くなって

新聞を読んでいたら面白い表現に出くわしましたのでご紹介します。
2010年12月22日の朝日新聞「ひと」欄です。

増井重紀さん 米国で「鉄くず革命」を生きる
 米国の銀行に鉄くずの査定を頼まれた。巨大な山が十数個、帳簿上は「30万トン」。だが、3日間かけて出した結論は「8万トン」。銀行の担当者は真っ青になって怒ったが、トラックに載せて計量したら8万トン。「マスイの神業」と言われた。
・・・

普通、怒る時は「真っ赤になって怒る」んですよねぇ。顔を真っ赤にして、とか。

意味は分かるんですけどね。
30万トンあるつもりでいたのが、8万トンといわれて、資産を過剰に見積もっていたものだから、担当者は「真っ青になった」のでしょ。そのうえで、そんなことがあるものか、と「怒った」んですよね。
で、まとめてしまったものだから、「真っ青になって怒った」ことになっちゃった。
ちょっとなぁ。

珍しい表現でした。

« ボイラー爆発 | トップページ | キバハリアリ »

人事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 青くなって:

« ボイラー爆発 | トップページ | キバハリアリ »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ