« 鯛焼 | トップページ | 文化の精髄 »

2010年12月 7日 (火)

藷畠

2010.12.6付 朝日俳壇より
一畝は園児らのもの藷畠:(直方市)清水次男
 大串章評:大勢の人がやってくる貸農園。広がる藷畠の中に園児たちの一畝がある。今年の出来栄えはどうだろう。

これ、貸農園なのでしょうか?私には必ずしもそうは思えない。むしろ自分で耕しイモを植え、世話をする農家の方なんじゃないか。近所の幼稚園と提携して、「ひとうね」だけ、開放している。
イモ植え体験。(後でちゃんと植え直しておいてあげたり)。
手入れ体験。
芋ほり遠足。

ときどき、園児がにぎやかにやって来て楽しんでくれる。
農家としては手間はかかるし儲けにはならないのだけれど、かわいい園児のためには、そんな手間も気にならない。幼稚園児と地元の農家の楽しい交流なのではないかと。
そんな風に、私は感じました。

« 鯛焼 | トップページ | 文化の精髄 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 藷畠:

« 鯛焼 | トップページ | 文化の精髄 »

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ