« 緋目高 | トップページ | 冬蜂 »

2010年12月14日 (火)

言葉を握る

2010.12.12付 朝日歌壇より
親指をしつかり握り言ひ出せぬ心の奥の言葉を握る:(台湾)李錦上

その言葉とは一体どのようなものだったのでしょうか。
台湾には、日本語を自在に使う方がおられます。
それは歴史のせいです。
「台湾万葉集」という歌集もあります。

そのことと関わる「言葉」だったのでしょうか。
心痛みます。

« 緋目高 | トップページ | 冬蜂 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 言葉を握る:

« 緋目高 | トップページ | 冬蜂 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ