« 十二月八日 | トップページ | 藷畠 »

2010年12月 7日 (火)

鯛焼

2010.12.6付 朝日俳壇より
鯛焼を割って小豆をこぼしけり:(船橋市)笈川夜白
 長谷川櫂評:大粒のみごとな小豆なのだ、そうでなければ「こぼれる」というふうにはいかない。

甘いもの、就中、あんこが全く駄目な私。
匙一杯でも、胃がダウン。
上掲の作を読んだだけで、胃が酸っぱくなりそう。

昔。母がね、男の子ばっかりで面白くないわね、女の子がいたら、たまにはケーキでも買ってきてくれるでしょうにね、といいながら、時々自分で甘いものを買ってきましたね。
付き合って食べます。その時は美味しいと思って食べます。で、その日の夕方、胃がダウンして、夕食を食えない息子になっていましたっけ。

こぼれるほどの小豆、う~む。
参った。

« 十二月八日 | トップページ | 藷畠 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鯛焼:

« 十二月八日 | トップページ | 藷畠 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ