« ホソヒラタアブ | トップページ | ハネカクシの仲間 »

2010年12月13日 (月)

(多分)寄生バチ

1125_2kiseibati 11月25日
フウセンカズラにて。
寄生バチだと思うのですが、確定できません。
この日は、この場所にたたずんでいた間、この一匹だけでした。
1126_5kiseibati1 11月26日
昨日と同じ場所で、同じ種類のハチを見かけました。
今度は、ブンブンといっぱい飛び交っています。
ブンブンと形容しましたが、小さいハチで、実際に音がしたわけでは全くありません。数の形容です。
体長は1cm弱。細い体です。
1126_5kiseibati2
見事な「蜂腰」。で、この大きさ、寄生バチですよね。
アブラムシへの寄生にしては体が大きすぎますね。
何に寄生するのか?わからない。
翅に紋があるようです。
1126_5kiseibati3
さて、さらに困惑。↓
1126_5kiseibati4
脚の模様や、胸部背面、頭部の模様が、なんだか微妙に違いますよね。
25日に見かけたのと同じタイプですね。
これは雌雄の差なのか、別種をいっぺんに見ているのか。
訳が分からなくなってしまいました。
この日は、ざっと感覚的にいって、10匹を超えるハチが、この辺りを飛び交っていました。
その後は、数は減りましたが、2週間くらい、このあたりで、このタイプのハチを見かけました。

教えて下さい。

« ホソヒラタアブ | トップページ | ハネカクシの仲間 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (多分)寄生バチ:

« ホソヒラタアブ | トップページ | ハネカクシの仲間 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ