« 睡魔 | トップページ | 寝待月 »

2010年11月 9日 (火)

煙突屋

2010.11.8付 朝日俳壇より
煙突屋来て教室の冬支度:(東京都)大和勲

これは灯油のストーブですね。ガスストーブではなく。
朝、灯油ストーブのポンプを押して、底に灯油がしみわたったところで、マッチを擦って投げ込む。毎朝やりましたっけね。
灯油は生徒に灯油置き場からとってこさせる。マッチを管理するのは担任。というようなことで管理してましたっけ。

ストーブは北側に設置するのだけれど、ストーブの近くは暑くってね。
室温のむらが辛い。
高校入試の日などには、受験生が寒くないように、逆に暑すぎないように、気を使ったものです。

私が小学生の頃は石炭ストーブで、マッチの管理も児童がしましたけどね。
石炭をとって来て、先生からは新聞紙、つけ木、マッチを受け取って、自分で火をつけました。

もう冬なんですね。

« 睡魔 | トップページ | 寝待月 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 煙突屋:

« 睡魔 | トップページ | 寝待月 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ