« ラッキョウの花 | トップページ | アカトンボ »

2010年11月15日 (月)

チャドクガ

1103_3tyadokuga1 11月3日
まいったなぁ、チャドクガの成虫を見てしまいました。
幼虫のほうが結構有名かもしれない。
これが成虫の姿です。
1103_3tyadokuga2
基本的に毒毛は幼虫時代に持っています。
蛹になっても、その毛を蛹や繭の表面に持ち越します。
メスの成虫は、その毛を腹にくっつけていて、産卵時に卵塊にこすりつけます。
ですから、卵から成虫まで、警戒して下さい。
卵で冬を越します。
ツバキやサザンカの葉の裏に卵を見つけたら、注意して葉を切り落とし、潰してしまうのがよいでしょう。
幼虫がべたっと葉に並んでいたら、洗剤が泡になって噴射されるお風呂用のスプレー洗剤などを吹き付けると、幼虫は死にますし、毛が濡れているので飛び散らなくて始末しやすいです。お試しください。殺虫剤でももちろん死にますが、溶剤がすぐ揮発して毛が飛散しやすいので注意が要ります。その点、泡洗剤は濡れた状態が長続きするので、後始末中の緊張感が少なくて心理的に楽です。

ところで、私が見てしまったこのチャドクガの成虫。
枝を拾ってきてつっついて落して踏みつぶそうと思ったのですが。ほぼ真下に落ちたと思ったら、超低空飛行で飛び去ってしまいまして。やっつけられませんでした。

我が家にはサザンカもツバキもあります。注意して観察していないと、道行く人に危害が及びかねませんので、シーズンには観察が欠かせません。

« ラッキョウの花 | トップページ | アカトンボ »

動物」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。

チャドクガの幼虫の対処に頭を悩ませていたので、こちらのブログを見て大変参考になりました。
ありがとうございます。

泡になる洗剤であれば何でも大丈夫なんでしょうか?
塩素系は植物にもダメージを与えると思うので、私の頭の中では界面活性剤の入っている泡洗剤を想像しているのですが・・・

間違っていたらすいません。

 泡洗剤で大丈夫。私が使っているのは浴槽洗浄用の手で握ると霧吹きみたいに泡が出るスプレーです。塩素系ですとおっしゃる通り植物もかかったところが枯れます。
 有名な話、ゴキブリに洗剤を掛けると死にますが、気門が界面活性剤で濡れてふさがれて窒息するわけですね。同じことで、界面活性剤でチャドクガも死にます。
 幼虫のたかっている葉の下に、揺らさないように塵取りを差し出して、洗剤の泡で虫を包みますと、塵取りに落ちてきます。全部落ちたら、虫がついていた葉と枝を切り落とし、塵取りに落ちた虫と一緒にポリ袋に入れておしまい。緊張感が少なくて楽です。

早速のご回答ありがとうございます。
お礼を申し上げるのが遅くなってしまい申し訳ありません。

チャドクガは本当に頭を悩ませていたので助かります。
1歳と3歳の子供がいるので殺虫剤も怖いし、毒毛も怖いし…で、こちらのブログを読んで救われました。

これからもちょくちょく拝見させていただきます。

ちなみに我が家は福岡県なのですが、先日ヒメアカタテハらしき幼虫が蛹になりました。
このまま冬を越すのか、羽化するのか、、、ドキドキしています。

それでは遅い時間に失礼いたしました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チャドクガ:

« ラッキョウの花 | トップページ | アカトンボ »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ