« 柚子湯 | トップページ | 庭師は »

2010年11月30日 (火)

カンガルーのやうな

2010.11.29付 朝日俳壇より
カンガルーのやうな親子や冬うらら:(横浜市)杉江美枝

ベビースリングというのですか?最近多いですね。おんぶはあまりはやらないらしい。
私たちが子だったころ、そして子育て世代だったころは、おんぶが主流でしたね。
楽だ、という観点だけならおんぶは楽ですよ。
赤ちゃんも胸が密着して安心感が高いのだと思います。
スリングだと背筋を使いそうな感じがしますが、どうなんだろう、よくわかりません。
前かがみの方が足元もよく見えていい気がしてしまうのは、じいちゃんだからでしょうね。
一時は山登りの背負子(しょいこ)のような、ベビーキャリアもありましたね。赤ちゃんが後ろ向きに入っていたりしてね。今は、どうなんでしょう?使ってますか?

カンガルーみたいですね、確かに。
ちょっとだけ気になるのは、スリングの中で、柔らかい赤ちゃんが折り畳まれるみたいになっていそうな感じの時があること。
赤ちゃんの呼吸能力はまだ未熟。ゆったり息ができるように支えてあげて下さいね。
じいちゃんの心配でした。

« 柚子湯 | トップページ | 庭師は »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カンガルーのやうな:

« 柚子湯 | トップページ | 庭師は »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ