« (また)ツマグロキンバエ | トップページ | アゲハ羽化 »

2010年11月 1日 (月)

マエアカスカシノメイガ

1020_10maeakasukasinomeiga 10月20日
ぶらぶら被写体を探して歩いていたら、ぱっと飛び立った白いガ。
行方を視線で追うと、キョウチクトウの葉の陰で見えなくなりました。
このあたりだな、とそっと潜りこむと、いました。
敏感なガで、シャッターに反応してまた飛んで行ってしまいました。
純白の輝き。美しいでしょ。
ガは地味だ、という通念にはおさまりません。
ガとチョウは基本的に「線引き」できないのです。
ですから、現在はガとチョウと合わせて「チョウ目」という分類群に納まっています。
ドクガのイメージが強くて、翅の鱗粉で痒くなるのではないか、と思っていらっしゃる方もいますが、そういうことはありません。大丈夫ですから、毛嫌いせずにガも愛でて下さい。

« (また)ツマグロキンバエ | トップページ | アゲハ羽化 »

動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マエアカスカシノメイガ:

« (また)ツマグロキンバエ | トップページ | アゲハ羽化 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ