« 過積載 | トップページ | 少年よ »

2010年11月 4日 (木)

秋蚕(あきご)

2010.11.1付 朝日俳壇より
お蚕様(こさま)といはれて秋蚕太りけり:(前橋市)荻原葉月

昔、まだ小学校に上がる前かな。母の買い物についていって、とある薬局、化粧品売り場。
「鶯の糞」なるものにビックリ。
さらに、店員さんが「おかいこさま」といっているのを聞いてビックリ。
何で「様」なのかと母に聞きましたっけね。
母の実家では養蚕もやっていたようで、詳しく知っていました。丹念に丁寧に育てるのだと、聞きました。人の背中の温もりを与えることもあるとか。
そういうものなんだなぁ、とひどく感心したものでした。
「おかいこさま」はそういうわけで知っていたのですが、「おこさま」は知りませんでした。
そういわれれば確かにそう読めるんですけど。なんだか最近の「お子様」みたいで、語感はちょっとなぁ。
しかしあのカイコ、でっかくなるんですよねぇ。
そうなんだ、昔の人はでかい「イモムシ」くらいじゃビックリするわけがないんだよな。カイコを知ってるんだもの。
今の小学校でもカイコの飼育ってやるんですよねぇ。餌が人工飼料で出来るようになったから昔より簡単になったし。
だったら、イモムシ嫌いはもっと少なくていいはずだと思うのは早計かな。

アゲハの仲間や、スズメガなどを飼育していると、蛹になる直前、ウォンダリングといって、ものすごく遠くまで歩いていってしまいます。気をつけないと、ケースから脱走して、室内のどこかに潜りこんで蛹になってしまいます。
カイコにはその「逃走」心がない。徹底的に飼いならされ、「家畜化」された昆虫だからなんですね。
その生態にどこか寂しさを感じてしまう私です。

« 過積載 | トップページ | 少年よ »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋蚕(あきご):

« 過積載 | トップページ | 少年よ »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ