« 徳利 | トップページ | 市電 »

2010年11月 2日 (火)

頬に感ぜぬ

2010.11.1付 朝日歌壇より
わが頬に感ぜぬほどの雨なれや外灯に大き輪の生(あ)れ光る:(埼玉県)堀口幸夫
 永田和宏評:外灯のまわりの光の輪で、霧雨が降っていることを知ったのだ。

どうもいちゃもんつけているようで、いかんなぁ。
外灯に光の輪が生まれるくらいの「濃さ」の霧雨なら、雨滴を感じなくても、じっとり濡れて、雨は感じるだろう、と思ってしまう。ごめんなさい、すぐ理に落ちる。
ひょっとして、作者は眼鏡使用者ではないかもしれない。
眼鏡使用者は雨には敏感なんです。不思議なことに、眼鏡の内側に滴がつくんですよ。
すぐわかります。そして、外灯が「流れて」見えるようになるんです。

« 徳利 | トップページ | 市電 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 頬に感ぜぬ:

« 徳利 | トップページ | 市電 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ