« 田舎暮らし | トップページ | 弱肉 »

2010年11月 9日 (火)

背広着る

2010.11.8付 朝日歌壇より
背広着る堅苦しさは嫌だったでも守られていたと知る今:(佐倉市)内山明彦{三}

この歌について、選者の佐佐木幸綱氏は、「就活の困難さがリアルに読める」という評を書いておられます。
私にとっては、あれっ?でした。
私は職を退いた人の歌ととったのです。

勤め人の間、背広を着て堅苦しかった、嫌だった、でも、あれはある種の「身分証明書」であって、また一首の「鎧」でもあった。
職を退いて背広を着ず、「私がなんであるか」を示す「肩書」もなく、「鎧」もなしに「むき出しの私」として社会にさらされる。背広と言うものの存在感をいまさらながらに知る。

というような感じで読んでから、評を読んで、あれっ?なのです。
「就活」の歌なんですか、これ。

背広を着ない学生から見ると、「背広を着る堅苦しさは嫌だった」。でも、あれは社会の「砦」だったのか。なんと堅固な砦であることか、ぶつかっては跳ね返されることよ。

なのですか。

分からなくなってしまった。投稿者の年齢を選者は知っているのでしょうね。とすれば、就活なんだろうなぁ。

« 田舎暮らし | トップページ | 弱肉 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 背広着る:

« 田舎暮らし | トップページ | 弱肉 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ