« アカトンボ | トップページ | ソヨゴ »

2010年11月15日 (月)

ミノムシ

1103_5minomusi 11月3日
ミノムシが線路の柵についていました。
ホントに少なくなってしまいました。
昔は、子どもたちがいろいろ「ミノムシ遊び」をしたものです。また、ミノムシのバッグ、なんてのもあったんですがね。高級品ですよ、気持ち悪いなんて言わないでくださいね。

俳句の世界ではミノムシは秋の季語だそうです。立冬の直前でしたから、まぁ、「季違い」にはならなくて済んだようですが。

ミノガのメスは一生ミノムシのままです。オスは羽化して翅を持ち、メスのもとへ飛来して、交尾します。メスは、ミノの中に産卵し、産卵した分だけ体が縮み、最後は卵の詰まったミノの蓋になって死にます。
秋の季語だなんて、人間の勝手。
こういうところに俳句のくだらなさがあって、ラベルでものを語りなさんなよ、と反抗心が頭をもたげてしまうのです。しょうもない、かかしだ。

« アカトンボ | トップページ | ソヨゴ »

動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミノムシ:

« アカトンボ | トップページ | ソヨゴ »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ