« カスミカメムシの仲間かなぁ | トップページ | アカマンマ »

2010年11月11日 (木)

フタモンアシナガバチ

1101_9hutamonasinagabati 11月1日
フタモンアシナガバチのオスの日向ぼっこの季節になりました。
11月、日だまりで、黄色い顔の小型のアシナガバチを見たら、このフタモンアシナガバチのオスである可能性大です。
冬は越せません。
我が家のそばでは、この一角だけに毎年この時期に現れます。線路の柵ですからずっと続いているので、もっと広い範囲にいてもよさそうなものですが、左右3mくらいの範囲にしかいません。
1匹が日を浴びていると、そこへ別のハチが絡んできます。
オスの交尾行動が残っているのでしょうか。一緒に温まろうという行動ではありません。
そのまま、2匹、3匹と「ハチ団子」担っている時もあれば、嫌がって、すぐにばらけてしまうこともあります。忙しく入れ替わり立ち替わり飛びまわっています。
知らないとちょっと怖いかもしれません。

来春、一匹で新たな巣を作り始める「将来」の女王は、栄養をたくわえて、冬越しの準備をしているでしょう。

« カスミカメムシの仲間かなぁ | トップページ | アカマンマ »

動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フタモンアシナガバチ:

« カスミカメムシの仲間かなぁ | トップページ | アカマンマ »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ