« 背広着る | トップページ | かみつきザル »

2010年11月 9日 (火)

弱肉

2010.11.8付 朝日歌壇より
オオタカの雛はサシバの雛を食べ親の教える弱肉の味:(鳥取市)山本憲二郎

どうもね、「弱肉強食」という言葉のインプレッションはきつすぎましてね。
強いものが一方的に弱いものを食うわけではないのですがね。
サシバだって猛禽類。オオタカの雛を捕えるかもしれませんよ。
生物の間には相互関係があるのです。一方通行的な関係ではないのです。

人間はどうも、強いものは一方的に勝ち続け、弱いものを殲滅できる、と考えがちです。
ちがうんだなぁ。
強いとか、弱いとか、人間的な「力」で見ないことです。そうしないと間違ってしまう。
共に生きるしか、生きようはないのです。

これを忘れたから、生物多様性なんて今さら騒がなければならなくなるという、生物としてはまことにみっともない次第となっている。

強いものが一方的に栄えるなんてことはないのです。

« 背広着る | トップページ | かみつきザル »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 弱肉:

« 背広着る | トップページ | かみつきザル »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ